Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:63年

女性R&Bシンガー Doris Troy のヒット曲@63年。
彼女と Gregory Carroll(この曲が一番有名のようだ)が作詞作曲。
ホリーズやリンダ・ロンシュタットがカヴァー。


64年、ホリーズでヒット。

シングルだったのでアルバムには未収録だったようだ。
各種ベスト盤に収録。

79年、リンダ・ロンシュタットもヒットさせている。
ちょっと抑えた歌い方がなかなか。

9thアルバム「Living in the USA」(78年)に収録。
このアルバムのジャケットは時代を感じさせる…。


以下、歌詞を和訳した。続きを読む

60年代前半のビーチ・ボーイズによる屈指の名バラード。
これほど美しさを感じさせる転調は珍しい。

アルバム「Surfer Girl/Shutdown 2」やベスト盤などに収録。

この曲を初めて聞いたときXTCを思い出した。
XTCのどの曲に似ているのかわからないが…。
(ビーチ・ボーイズっぽさがあるXTCの名盤「Skylarking」。)

邦題の「太陽あびて」は曲調や歌詞と合って無いのが残念。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

ミスター・タンブリマンで一躍注目を浴びたバーズの第2弾ヒット・シングル。
前作同様、12弦ギターとコーラスが印象的なフォーク・ソングのカヴァー曲。

2ndアルバム「Turn! Turn! Turn!(ターン・ターン・ターン」(65年)収録。

元歌は、旧約聖書の文言を元に59年にピート・シーガーが作曲し、62年に録音。

ベスト・アルバムなどに収録。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

海外のサッカーの試合で流され、歌われることでも有名な曲。
63年、ジェリー&ザ・ペースメイカーズの代表曲の1つ。

ベスト・アルバムなどに収録。

エルヴィスのゴージャスなカヴァー@68年。


元歌は40年代のミュージカル向けの曲らしい。
(ウィキより)

歌詞の内容
「夢に向かって困難を乗り越えよう 独りじゃない みんながついている」、
という前向きな歌詞。

ロックやHR、ジャズだろうが、陽気なダンスミュージックだろうが、
毎日、どんな時でも聴き続けることはできないと思う。
こういう歌を何曲か自分のお気に入りソングとして持っていたいものだ。

Gerry & the Pacemakersの他の記事
Ferry 'Cross the Mersey(マージー河のフェリーボート)

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ

ジョンのドスの効いたヴォーカルにしびれる、
2ndアルバムの最後を締める曲。
リンゴの低音重視のドラムも良い感じ。

2ndアルバム「With The Beatles」(63年)収録。

ストーンズもカヴァー。

ベスト盤などに収録。

リフがけだるく、悪い感じになっているのが面白い。
コーラスはいかにも英ビート系。

歌詞の内容
「とにかく、カネをくれ」という内容。
1節のこの文が印象に残る。
「The best things in life are free, But you can give them to the birds and bees」
人生で大切なものは「自由」。
でも、現実では「カネ」が無ければ「自由」なんて得られないので、
「大切な自由」なんて「自由に空を飛び回る鳥や蜂」にくれちまえ。
こんな感じだろうか。

以下、元歌と他のカヴァー。

続きを読む

黒人女性グループ、シレルズのヒット曲@62年。
サビの部分はしっかり盛り上げて、絶妙に落とす。
何度聞いてもやられてしまう1曲。
作曲はバカラック。



以下、シレルズの歌詞の和訳。続きを読む

「カモン」は61年のチャック・ベリーのシングル曲。

軽快なリズムに乗った楽しい歌詞が特徴か。
ヒットはしてないようだが大好きな曲の1つ。

63年ローリング・ストーンズがデビュー・シングルとしてカヴァーしている。

ブルース・ハープを入れるなどちょっとR&Bっぽさを出しているが、
彼ららしからぬ、あっさりとしたスマートな感じだ。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

↑このページのトップヘ