Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:66年

この曲はキンクスの代表曲「サニー・アフタヌーン」のシングルB面曲。(66年リリース、11枚目のシングル)
「フェイス・トゥ・フェイス」の日本語盤の解説によれば、
アニマルズのエリック・バードンに提供するつもりで書いた曲だとか。
もしエリックが歌ったなら歌詞の内容をストレートに受け止めるのが当然、
この邦題「僕はウヌボレ屋」は絶対ありえなかっただろう。
ひねくれたキンクスの歌なら分からなくも無い邦題だと思う。

曲調はかなり真剣。
タイトルでもあるサビのフレーズ「I'm not like everybody else」=「僕は他の誰とも違うのさ」が、
徐々に力強さを増して、最後はこれでもかと連呼される。
お金も権力もない労働者階級の若者の哀愁と力強さが同居した佳曲だと思う。
金持ちが没落した気の抜けたシングルA面とは対照的だ。


4thアルバム「Face to Face」(66年)にボーナス・トラックとして収録。

歌詞の和訳が付いている日本語盤はもう廃盤かな。



同年代の米サイケ系バンドThe Sacred Mushroomがカヴァーしている。
間奏のギターソロがこの時代ならでは。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

フーの初期の代表曲で66年のシングルとしてリリース。
ベースをバックに歌うところが堪らなくカッコイイ。
そして、サブスティチュート、の可愛らしいコーラスに入るのが、また良いのだ。

最近までフーのどこが良いのさっぱり分からなかったが、
この曲を聴いて、なるほどな、と思った。
ビートルズやストーンズ、キンクスといった同時代のバンドの中で、
一番王道の英ロックといったらいいのかな。
というか、そう感じるほど、フーガその後のロックに影響を与えるということだよな・・・。



邦題は「恋のピンチ・ヒッター」。うーむ・・・。
続きを読む

英フォーク系アーティスト、ドノヴァンの手によるサイケ曲@66年。
ベスト盤に収録されているので代表曲の1つなのかな。
なぜだか、やけに耳に残って頭から離れない曲だ。

3rdアルバム「Sunshine Superman」(66年)収録。
続きを読む

ウォーカー・ブラザーズのアルバム収録曲。
大げさなイントロの効果か、なぜか頭に残ってしょうがない。
歌詞は曲調そのままで、悲壮な孤独感を歌ったものだ。

2ndアルバム「Portrait」(66年)収録。

作詞作曲はJoaquin Prieto, Paul Vance, Lee Pockrissら。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

デイドリームといえばこの曲とモンキーズの「Daydream Believer」が頭に浮かぶ。
夢見心地な能天気ともいえるメロディーが印象的。
メンバーのジョン・セバスチャンが作詞作曲。
66年にヒット。

2ndアルバム「Daydream」(66年)に収録。

以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

サイケ時代のバーズの代表曲。
イントロのベースやギターのフレーズが個性的。

3rdアルバム「Fifth Dimension(霧の5次元)」(66年)収録。

作曲は、ジーン・クラーク、マッギン、クロスビー。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

スーパーグループ、クリームのデビューアルバムの冒頭を飾る曲@66年。
しょっぱなのコード・ストロークとスキャット、コーラス、
そして演奏に突入、抑え気味だが存在感のあるギター・ソロへと突き進む疾走感溢れるナンバー。
2ndシングルでもある。


以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

スティーヴ・ウィンウッドが在籍していたR&B系グループ。
66年に英米でヒットした彼らの代表曲。
邦題は「愛しておくれ」。
米R&Bのカヴァーかと思っていたら自作曲だった。


ブルース・ブラザーズがカヴァー。
彼らの映画で使用された。


以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

多くのブルースを作曲したWillie Dixonの手によるものだが、
チャーリー・パットンなど古手のブルースマン達に歌われていた曲らしい。
(英wiki)


クリームのカヴァー
演奏が肝なわけだが、
ジャック・ブルースのボーカルは合わない、とつい気になってしまう。

1stアルバム「Fresh Cream」(66年)収録。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

CreamやJethro Tullがカヴァーしているブルース曲。
(クリームの邦題は「猫とリス」。)
どちらもインスト。

1stアルバム「Fresh Cream(フレッシュ・クリーム)」(66年)収録。

ジェスロ・タルはブルース系ギタリスト、Mick Abrahamsのプレイが堪能できる。
最初のドラムが少し調子はずれな気がするが…。

1stアルバム「This Was(日曜日の印象)」(68年)収録。
同アルバムはブルースやジャズを取り入れた好盤。
ミックはこれを最後に脱退。

元歌はDoctor Rossというブルースマンのようだが、
クリームらのクレジットはトラディショナルとなっている。
伝統歌をRossがアレンジしただけかな。

60年代前半のレコーディング。

タイトルになっているCat Squirrelはリスの一種のようだ。
(画像検索すると分かる。)
歌詞の内容もそうだが、曲調もリスのすばしっこさを感じるものになっている。

以下、英歌詞とその和訳。続きを読む

↑このページのトップヘ